中古住宅購入前調査

Inspection

中古住宅購入前調査
(インスペクション)とは。

中古住宅を購入する前に一級建築士が住宅診断(インスペクション)を行い、客観的な立場から、また専門家の見地から、ご依頼者のご希望物件について専門的にインスペクション(住宅診断)を行うものです。

Merit

本サービスのメリット

  1. 欠陥や耐震に対する判定により、購入時の判断基準になります。
  2. 建物の老朽化やリフォームの必要な箇所がわかります。
  3. 検査を受ければ永年に渡り無料で相談をお受けします。
  4. 耐震補強など改修の必要な箇所がわかります。

Target

本サービスの対象

木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造に対応

中古一戸建て住宅の契約前の診断・検査

契約前(購入前)の診断に対応

契約後・引渡し前の診断にも対応

このような方に。

  • これから中古一戸建て住宅の購入を検討しているが、問題が無いか心配。
  • 中古物件のリフォーム/リノベーションを検討しているが、間取り変更はできますか?
  • もうすでに中古住宅を購入したけれど、自分の家は大丈夫か不安。
  • 第三者の専門家に家を診断してもらいたい、知り合いに建築の専門家がいないので自分だけでは心細い。

一級建築士による検査(インスペクション)をご利用いただくことで、安心して快適な生活を送ることが出来ます。

Investigation

調査内容

建物の外部

基礎コンクリート、外壁、軒裏が対象です。
屋根は地面やバルコニーから目視できる範囲が対象です。

建物の内部

基礎コンクリート、土台・大引き、金物、断熱材、配管などが対象です。
但し、点検口・床下収納庫などから確認できる範囲に限られます(点検口等が無い場合は確認不可)。

床下

基礎コンクリート、土台・大引き、金物、断熱材、配管などが対象です。
但し、点検口・床下収納庫などから確認できる範囲に限られます(点検口等が無い場合は確認不可)。

屋根裏

柱・梁等の構造材、金物、断熱材、雨漏り痕、配線などが対象です。
但し、点検口等から確認できる範囲に限られます(点検口等が無い場合は確認不可)。

※確認できる項目・範囲は建物の種別・プラン等によって異なりますが、目視できる範囲が対象となります。

※詳しい調査項目はお気軽にお問い合わせください。

Research fee

料金

基本料金(目視検査・報告書作成)
5万円

その他

  • 耐震確認(図面あり)・・・ 2.5万円
  • 耐震確認(図面なし)・・・ 5万円
  •            
  • 小屋裏床下検査 ・・・ 3.5万円

*その他必要に応じ行う検査、資料作成は別途見積を提出致します。

How to consultation

相談方法

ご相談・ご質問など、メールやLINEまたは電話で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。