欠陥住宅調査

Defects housing survey

欠陥住宅調査について

雨漏り、耐震強度の不足、壁のひび割れ、建物の傾きなどの住宅の欠陥、
または建物全体に何かしらの不安がある場合などもお気軽にご相談ください。
住宅の欠陥を第三者の目で調査し、原因と是正方法を提案いたします。
状況にあわせて専門の弁護士を紹介することも可能です。

Investigation

調査内容

建物の外部

基礎コンクリート、外壁、軒裏、玄関ポーチが対象です。
屋根は地面やバルコニーから目視できる範囲が対象です。

建物の内部

各居室等の内装・仕上げ材の仕上り状態、床や壁の傾き・不陸、建具・設備関係の動作状況などが対象です。

床下

基礎コンクリート、土台・大引き、金物、断熱材、配管などが対象です。
但し、点検口・床下収納庫などから確認できる範囲に限られます(点検口等が無い場合は確認不可)。

屋根裏

柱・梁等の構造材、金物、断熱材、雨漏り痕、配線などが対象です。
但し、点検口等から確認できる範囲に限られます(点検口等が無い場合は確認不可)。

※確認できる項目・範囲は建物の種別・プラン等によって異なりますが、目視できる範囲が対象となります。

※詳しい調査項目はお気軽にお問い合わせください。

Research fee

料金

相談
初回無料

2回目以降:1時間 5千円

調査
3万円~

備考

設計当時の図面が無い場合でも調査は可能です。お気軽にお問い合わせください。

How to consultation

相談方法

ご相談・ご質問など、メールやLINEまたは電話で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
建築士との対面相談のご依頼もこちらからどうぞ。