契約

contract

COLUMN #35

引渡しと支払い

27,Jun,2018

契約

支払い条件について以前書いたことがありました。

引渡し時に全額払う支払い条件は避けたほうがいいと考えていますが
現実ハウスメーカーや工務店はその条件を受け入れてくれないことがあります。

その条件がのめないのなら契約しないと強気で交渉するか、
施工者の条件で契約するかのどちらかになります。

私のところに問題があると引渡し後に相談されることがあります。
その場合引渡しが終わって支払いが済んでいるとなかなか対応してくれないことが多いようです。
雨漏れや構造的な問題であれば瑕疵として補修は法的に必要です。
しかし、補修や施工不良等だと対応してもらえないことがあります。
もちろん普通のハウスメーカーや工務店は誠意をもって対応していると思います。

対応が悪い会社ほど支払いが済むと態度が一変するのです。
補修をするにも職人の日当など経費がかかります。
そのため補修を何かと理由をつけて行わない会社があるのです。

場合によっては引渡し前からわかっていた問題をなかなか補修せずに
支払いが終わるとまったく対応してくれない会社もあります。

もし、支払い前の状況で問題点や完了していない工事がある場合には
できれば全額払わずに一部残すようにすべきだと思います。

また、少しでも不安がある場合は相談も無料で行っていますのでご連絡ください。