構造・耐震

structure

COLUMN #23

制振装置の効果

26,Mar,2018

構造・耐震


制震装置を付けているハウスメーカーや工務店をよく見かけるようになりました。
制震装置をつければ地震に耐えられると考えて安心するかもしれません。
そして「制振装置」と言われるものでも様々なタイプが有りそれぞれが似て非なるものです。

しかし、効果の有無については正直分からないというのが現実です。
それは制震装置のついた住宅がまだ大規模ば地震にあっていないからです。

地震には様々な揺れ方や揺れの波長があります。
それによって建物の揺れ方や被害が違ってきます。
地震の際に制震装置が地震の揺れに作用することになっていますが、現実周辺の耐震壁の配置状況等によってうまく機能しないことも考えられます。

さらに制震装置は高価です。
筋交いの追加の費用はそれに比べれば微々たるものです。
効果のわからない高価な装置を設置するより十分な壁量(最低でも基準法の1.5倍以上)を確保することが耐震性能の高い住宅になると思います。